Help

富春院(葵区)今川義元公慰霊塔

  • 184

Photos: 富春院(葵区)今川義元公慰霊塔

Photos: 富春院(葵区)今川義元公慰霊塔・背後 Photos: 富春院(葵区)地蔵堂

花屋山 富春院
宗派、臨済宗妙心寺派
本尊、?
開基、富春院殿一輪常心大居士・花屋院殿陽岳妙春大姉(俗名不詳)?
開山、温渓球
創建、天文5(1536)年または天文7(1538)年

再興年、延宝年間(1673~1681)
再興開山、南印・快山
(武田信玄の駿河侵攻において全山を焼失)

「天澤寺殿四品禮部侍即秀峰哲公大居士位」今川義元位牌が納められている。

富春院境内含む北側に、かつて陽光山天澤寺という寺があった。
開基、今川氏真
開山、臨済寺三世 東谷宗杲
創建、永禄3(1560)年
桶狭間で織田信長に討たれた父を弔うために創建した。
義元の討ち取られた首を持ち帰ったのは岡部五郎兵衛(丹波守元信)。今川義元討ち取ったり!! の報に今川軍は霧散、撤退する。
尾張国鳴海城在番だった岡部五郎兵衛は、義元敗死の報を受けても徹底抗戦。織田軍をことごとく撃退した。
幾度かの抗戦のち、五郎兵衛は信長からの城明け渡し要求に対し主君義元の首と引き換えを条件に出す。信長はこれを承諾、五郎兵衛の忠義を称え、義元の首級を棺に納め、丁重に送り届けたという。
五郎兵衛は尾張から撤兵する。しかし戦功の無いまま帰るを良しとせず、刈谷城を100余の手勢で攻撃しこれを放火、水野信近を討ち取っていった。

岡部五郎兵衛→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E9%83%A8%E5%85%83%E4%BF%A1

義元を埋葬すると、その墓の上に天澤寺の本堂を建立し、義元の木像を本尊として納めた。
正室 定恵院(武田信虎長女・信玄同母姉)もここに葬られたという。
のちに同寺は衰退、文化8(1811)年、本尊の木像を臨済寺に遷座。本堂は解体される。
明治24(1892)年、墓も臨済寺へ遷移し、同寺は廃寺となった。


巡回マップ→ https://drive.google.com/open?id=1WiPgV9Fgfpjv5vy3v0kilOraqXU&usp=sharing

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.